うちのパパはH21年4月・・独立してめがね店を開業!ママの眼をとおして、パパの奮闘振りを子供たちにかたり伝えることができたらいいな(^^♪
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
SF映画「クラウドアトラス」見たよ
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
ほかのブロガーさんとこで知って、見てみたいと思ったSF映画「クラウドアトラス」

「マトリックス」監督のウォシャウスキー兄弟による映画です。

10数年経ったらウォシャウスキー姉弟になってることにも驚きました

が、キリスト教社会で描かれた「輪廻転生」というのは斬新でした。

ハリウッド映画らしからぬ東洋的な思想に基づいてます。

「輪廻転生」

「輪廻転生」を信じるとか信じないとかじゃなくて、社会の制度として存在してるのが、チベット。

世界的にも珍しい、政治的、精神的指導者であるチベットのダライラマの存在ですよね。(←長く脱線しそうなので話をもとに戻します。)

こちらははハリウッド映画.....

映画の中でも「悪魔」が出て来るのはやはりキリスト教の影響は大きい様です。

物事というのは、勢い「善と悪」「白と黒」「天使と悪魔」二元論で片づけたくなりますが、

東洋的な考えでは、白でもなく黒でもなくグレーが存在するということが認められる、

善でも悪でもない状態や、ニュートラルな状態というのが認められるという点が

進化した思考を持ってると言えるかもしれません。

ある意味西洋と東洋の融合というのは、これから世界的に加速するかもしれませんね。

医学も、東洋医学と、西洋医学の融合が見られる様になってきてます。


この映画が難解だったのは、6回の様々な時代に輪廻転生してる主人公の

顔、人種、性格がそれぞれ違うので、誰と誰が同一人物(?)なのか分かり辛い点です。

なので、

他の方の映画のレビューを見て予習→映画本編を見る→レビュー見ておさらい→映画本編を見る

と時間がかかりましたよ。
(※参考にさせて頂いたブログはこちら http://kagehinata64.blog71.fc2.com/blog-entry-514.html

上映時間が172分と、もともと長い映画ですが
時間の長さを感じさせない映画でした。

未来社会の描写はやはウォシャウスキー姉弟監督のSF映画ならではです。

未来社会ではクローン人間が奴隷的に支配され労働力として酷使されていた。

我々人類はあまり進化してないってこともよく分かりましたよ。

黒人を奴隷にするか、クローンを奴隷にするかの違いで、人間が人間を支配し、力を誇示したいと言う欲望は

時代を経ても、あまり変わらないということですね。

我々が、現在地球上から、戦争、差別、貧困、飢餓を終わらせることができないことからも分かりますね。

最も心に残った言葉は、



「命は自分のものではない子宮から墓場まで人は他者とつながる。

過去も現在も

すべての罪が、あらゆる善意が未来を作る」

「知覚され人は存在する

他人の知覚を通して己を知るのだ」

「不滅の魂の本質は言葉や行いによって決定され、その因果の中我々は永遠に生きる」

「しずくはやがて大海になる」


あ〜〜!とてもじゃないけど、この映画の良さを全部は説明できない!

SF好きか、哲学好きは見てみて下さい。

それと、見る前に、予習して下さいね。

予告編↓


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
© パパがんばって(^^)/. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。